FC2ブログ

プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

クリスマスマーケット

元々はドイツの風物詩のイメージがあったクリスマスマーケットですが、今はヨーロッパどこでもやってますね。暗くなってから、寒いのにでかけるのは、無精者には向きません。昼間、それも屋内会場でやるチャリティーのマーケットに行ってきました。風情はないですが、濡れないし、凍えないから。(笑)

で、フェアトレードで売られている、ネパールで作られたフェルト細工を買ってきました。何の毛かは聞きそびれましたが、上質のフェルトっぽいです。ワンコ達は、犬を飼っている親戚の子への”ストッキングフィラー”用に。ねずみは、中国系の友人のお呼ばれにお持ちするものに添えて。来年はネズミ年ですからね。

small 20191130_202303

ーー
今日の一言:
”Stocking-filler”。ストッキングといっても、この場合靴下のことです。ベッドわきに、プレゼントを入れてもらうためにつるして置く、あれですね。
夫の実家では、ウールのロングソックスに、ミカンだの、ちょっとした文房具だのを入れてもらっていたらしいです。
本来なら、stocking-fillerとは、お菓子のおまけのような小さな玩具や駄菓子など、こまごました、ちょっとしたプレゼントのことを言ったはずなのですが、昨今は、巨大でこぎれいなソックスが売られていて、大量に豪華なものを突っ込む家もあるようで。

フランス語にstocking-fillerってあるんだろうか..と思ったら、フランス語訳は、単に、”ちょっとしたプレゼント ”petit cadeau de Noël”のようでした。


スポンサーサイト



傘貼浪人の生活 続き

今更ですが.. 傘貼浪人は、一時他の用事で中断したものの、内職を続けております。ワークショップ用の”なんちゃって舞傘”は数本確保できました。

習字紙を切り絵にして貼ってみたり、てっぺんに黒のダックテープを貼って、和テイストにしたり

small 20191029_100340

また、柄のはずし方のコツがつかめたので、長い棒と入れ替えたり。

small 20191029_100253

そして、こんなのも用意中。↓  紙を剥がさずに、少し残して切ってみたのです。

small 20191029_100447

これは私用。皆さんに、後に立って真似してもらうときに、私が何をやっているのか透けてみえるようにです。

ーー
今日のひとこと。
今更になって、フランス語の雨傘(parapluie)と日傘(parasol)が、pluie(雨)とsol(ラテン語のお日様)からきているのだと気が付きました。paraは、「~のため」の接頭語かな、と思ったら、ちょっと検索したら「防ぐ」という意味なのだとでてきました。


テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

傘貼浪人になる

日舞のワークショップで「絵日傘」をすることにしました。
この童謡を知っているのは、今では、かなり小さい時に日本舞踊の稽古を始めた人ぐらいではないでしょうか。忘れ去られた名曲といってもいいと思います。

日本人以外の方(いや、普通の日本人でもか)には、純邦楽は曲をつかむのが難しいのではと思うので、ワークショップには、よく、キャッチーな童謡を使ってみています。

案の定、「絵日傘」は、ちょっとメランコリックだけど可愛らしいメロディーが受けました。

さて、それはよいのですが、問題は、傘。舞傘の確保です。

和傘職人さって、ほんとに激減してしまったそうで、和傘はますます希少。値段は高騰。昔、京都のお土産物屋さんで500円ぐらいで買えた絵日傘も、品物自体を置いているお店が減り、みつけても2000円以上。ちゃんとした和傘屋さんのはもっとします。中国製のでさえも値上がりしているのだとか。

それで、帰省中に大量買して持って帰る余裕はなく...数が足りません。

で、代用品を作成中です。

こちら、チャイニーズマーケットでみつけてきたもの。
small 20191011_222137 small 20191010_225446

化繊が貼ってあります。ピンクのは日本円で1500円ぐらい、青いのは800円ぐらい。

値段的にはまずまずだけど、日本で昔変えた安いお土産ものと比べても、かなり雑なつくりです。それに、まあ、当然ながら、これは、和傘ではないですな。これはこれでカワイイけれど、あくまで中国風オリエンタル趣味。

で、骨だけ利用させてもらって、これを改造しようというわけです。

この安っぽい化繊に描かれた絵は、ちゃっちゃかちゃっちゃか描かれたものでしょう。繊細な絵ではもちろんないです。でも、稚拙でもないんですよね。一応、手描きです。どんな人が描いたんだろう。どこかの工房で、安いお給料で働いている人たちだろうか。男の人だろうか。お母さん達なのかな。もしかして国に子供を残してきた出稼ぎの人とかってのもありだろうか..。なんて、いろいろ想像してしまうし、ちょっといとおしくもあります。だから、外してしまうのに、一抹の罪悪感もありました。

まずは青い方をはずしてみました。化繊(ナイロンぽい)なので、やぶれずにとれたので、なんとなく捨てず置いてあります。

そして、画材屋さんで買ってきた、和紙風の紙を貼ってみました。
small 20191011_213616

糊が乾いて、和傘っぽく縁は骨よりも短くして...でも、まだなんとなくそれっぽくならない。本物は、骨の部分は黒い漆が塗られているのですよね。なので、黒の壁紙を細くきって貼っているところです。(最初はマジックペンで描いていたのですが、うまくいかなかったので)

small 20191016_004232

つぎは、柄の長さをどうするかです。(続く)

文化人形を作ってみました

布のストックを少し整理してみたら、あまりの膨大さに唖然! 特に和布が多いのです。和風プリント地もあれば、祇園祭の安売りで仕入れた着物の反物や端切れやら。貯めこんでないで少しは使わなければと、ここのところせっせと縫物をしています。いきなり正絹の着物地にハサミをいれず、まずはコットンのプリント地から。

まずは、前から作ってみたかった文化人形を試作しました。
small 20190922_104236

お顔は、布用のペンで描いてみましたが、結構細い線、まつ毛なども描けましたね。優れものです。

で、お人形もいいけれど、使えるものがいいな、と、スマホ入れも作ってみました。文化人形と姫ダルマとマトリョーシカが合体したものです。
small 20190922_104133

裏はネルの方が古風だけど、赤いフリースにして、底の方に少しだけ綿を入れました。スマホも居ごごちよさそうだし、使いごこちも悪くないです。布ペンで描いた顔は、アイロンはあてなかったけれど、今のところバッグの中で擦れて滲んだりかすれたりすることもありません。気に入ってます。

ーー
今日のひとこと

デパートなどでお裁縫売り場を探すとき、イギリスでは裁縫用品は”haberdashery”はどこかと聞きます。でも、アメリカ英語では違う意味があるようですね。

赤城の山も..

一時帰国が終わり、私の夏は終わりました。
撮りためた日本のTV録画を少しずつみています。

その中の「にっぽんの芸能」で、新国劇の復活公演みたいなのがあったと紹介していました。

私は昭和の子なので、新国劇の名前だけは聞いたことがありました。また、「月さま雨が」や、「赤城の山も今夜限り」などの名セリフも、一応知っています。ただ、新国劇とこれらの台詞とのリンクがしっかりできている世代ではなく...

「月さま雨が+春雨じゃ濡れて行こう」はどこで覚えたのか定かではありませんが、「赤城の山も今夜限り」を、どこで初めて知ったのは、はっきりしています。

それは、実は、この本か、

いばるな

この本のどちらかなのです。

先祖をたずねて

古代生物(両生類か小型恐竜)が股旅姿でしゃべっていた台詞です。赤城の山の代わりに、バックには火山が描かれていたかも。

よくは覚えていないのですが、親分は、自分は化石になると言っていました。そして、「可愛い子分たち」は、それぞれ別の道へ。つまり、別々に進化していくというのだと思います。その中の若手は、哺乳類(いずれはヒト)になるんじゃなかったかな..。今、ざっと「いばるな恐竜ぼくの孫」の方をパラパラ探してみましたが、みつかりませんでした。ということは、「先祖をたずねて億万年」の方なんでしょうね。こちらは、今手元にないんですよね。どちらもボロボロになるまで子供の時に愛読しました。久しぶりに読みたくなってしまったけど、入手が難しそう..

ーー
今日のひとこと:
そんなもの無しですよ。昭和の名セリフを訳してみようなんて、恐れ多いです。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術