プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマ達

イギリスで一番有名なクマと言えば”プーさん”かもしれませんが、ロンドンで一番有名なクマならば、こちらの方、パディントンでしょうね。

small20161101_135659_001_20161108074128ad1.jpg

以前からパディントン駅内には像がありましたが、駅近くの公園のこちらの像は初めてみました。ひょっとすると、あの、しょうもない実写映画の封切り後に立てられたのでしょうか。

イギリスは、この二人のクマ以外にも、テディベア達がたくさんいる国。昔、大学院生のとき、指導教官はブリーフケースにいつも小さなテディベアを入れて連れて歩いていました。お守りなのだそうです。奥さんと喧嘩したときも、いつも花束と小さいクマを買って謝っているらしいです。(学科内では有名な恐妻家)

さて、こちらは、某有名高級デパートの空港出店でドアマンをしていたクマ。

small20161103_164302.jpg

値札を首から下げていますが、値段にゼロがいくつもならんでいます。

small20161103_164329_201611080736242db.jpg

ちなみに、これはイギリスではなく、地元の庶民的なショッピングセンターにいたクマ。大きさは上のクマの3倍ぐらいの大きさですが、値段は四分の1ぐらいです。

small 20161028_120307
スポンサーサイト

国際結婚児のアイデンティティーについて

二重国籍問題が賑やかなようですが、国際結婚で生まれた子の多くが向き合う問題は、単に日本の国籍法のことだけではありません。

学生時代に読んだ本人に、アインシュタインが「ドイツではユダヤ人と呼ばれ、アメリカではドイツ人と呼ばれ..云々」とぼやいていたとかいなかったとか、読んだ気がします。(もっとも、この人の場合は、もっと複雑な事情ですが)

ゆっぴー9歳。自分が他の人と違うことが気になる年齢になってきたのでしょう。「ヨーロッパでは”日本人”と言われ、日本では”イギリス人(あるいは単に”外人”)と言われるのがつらい」そうです。
これって、ピレネー山中の田舎の小学校ではそんなに意識しなくてもよかったんです。ゆるーく「家でもカラルーニャ語で話す子と、そうじゃない子」ぐらいの分け方でしたし、黒っぽい茶色の髪のゆっぴーは、スペイン系の子と見た目もそんなにかわらなかったのです。それが、ヨーロッパ内を北上し、インターに入ると、かなり雰囲気が変わってしまいました。「インターだからこそ、いろいろな子が来ているのだからいいのでは」と思いきや、かえって、国籍や母国語に対する意識が強いような。

先日も、「イギリス人の子いる?」と聞かれて手を挙げたら、隣にいた金髪碧眼のドイツ娘に「違うでしょ! アンタ日本人でしょ!」と強い調子で言われたのが気分悪かったとか。ゆっぴーは、イギリスに住んだのは、生まれて1年半ぐらいです。でも、長身で碧眼のステレオタイプな英国人の父親を持ち、イングランド南部生まれのれっきとしたイギリス人です。そして、着物が大好きで、日本舞踊を習い、自分用のお三味線も持っている日本人娘です。国籍法が変わろうが、現行法のままで成人してどちらか一つ国籍を選択しようが、アイデンティティーは、両国にあります。そして、子供時代を過ごした第三国も、「ふるさと」となることとおもいます。

この話を、先日、親友のオーストラリア系イギリス人(イギリス系オーストラリア人ではない)の子のお母さんに話しました。「ああ、それはまあ、私達だって、オーストラリアではイギリス人とみられるし、イギリスではオーストラリア人とみられるし」と軽く笑ってられました。「私達、”世界市民”だし、私達の子供達だってそうよ。」と。なんと、軽い...。
このお母さん、生まれ育ったオーストラリアの英語訛りはほとんど残ってないのですが、この楽観さ、おおらかさって、オーストラリア人だなあ、とおもってしまいました。いや、そういうふうに当てはめる癖がある限り、私自身の世界市民への道は遠いなあ..

久々のピレネー

所用で、以前住んでいたピレネー山中に戻っています。2、3日滞在。野暮用の合間に旧知に会えたらな、とおもっています。ゆっぴーは、親友との再会を楽しみにしています。また、音楽院の先生をいきなり訪ねてみおうかな、とも。

ホテルのあるこの辺りは、標高1000メートルぐらいかな。そして、まだまだ高いところに、森を開いて作った住宅街がみえます。
あの辺りの標高はいくらぐらいなのでしょう..。

small 20160927_180515




続きを読む

パーティーパニック!

今週末、学校のお友達10人ほどをご招待して、自宅庭でゆっぴーのバースデーパーティーを開きます。
招待状を先週初めに渡し、少しずつ必要なものを買ったり、宝探しなどのゲームの準備をしています。

で、今日の夕方、「そういえば、長い間使っていないガーデンチェアやテーブルをきれいにしておかなければ..」と思いつきました。
が、テーブルや椅子の入っている物置を開けようとしたら、「ん?」鍵がかかっている。 鍵は...どこ...? あらら...

これは、ちょっと..困った。とういうか、パニック。

さんざん探したのですが、出てきません。庭の手入れをしてくださっているのは大家さん。芝刈り機をしまったときに、鍵をかけていかれたのかしら。メールはなし。電話をするのもなんだかぎょうぎょうしい。第一、「小屋の鍵がみあたらないのです」とは言いにくい。

あと一週間。どうなりますやら。
椅子は、たまたまヴェランダに置いていたこの椅子が4脚あるだけ。
20160904_205403.jpg

これは緊急事態、「安物のプラスチックの椅子はいくらするんだろうと]
IK○YAのサイトをチェックもしましたが、ばかばかしい。小屋の窓からは、椅子もテーブルがみえているのに。

考えることしばし。もう、ここは開き直って芝生に座ってピクニックパーティにしよう!


まだとってあった幼児用の椅子がテーブルになるかな。
20160904_205434.jpg

結局組み立てなかった棚の板があるから、これもテーブルに使えるかも。

20160904_205448.jpg

明日、こういう箱をいっぱいもらってきて、板をのせれて長テーブルにすれば、全員分の席がつくれるかも。

20160904_205443.jpg

新学期 新学年

ヨーロッパに戻ってきました。京都でたっぷり文化と猛暑を吸い込んで来ました。
そして、学校は、新学年。

諸事情で、ゆっぴーは、新学年の第一に目というのによく欠席しています。引越したり学校が変わったりで間に合わないことが多いのです。で、今年は、本人のたっての希望で、新学年初日に登校。(ま、普通、それがあたり前ですけどね)

新学年初日といっても、去年までいたフランス系の学校では、別に何もありませんでした。普通に登校して、貼り出されているクラス割を確かめて、教室に入るだけ。式なんてものはなし、授業に入ります。

で、このインターでは何があるのかと思えば、駐車場から校舎に近づくと、何やら景気のいいポップミュージックが流れています。

「何これ..」
「意味わからん...」

ポップミュージックで、あげあげムードを盛り上げて始業ってか。
校舎前に児童保護者の大きな人だかりができていますが、一応、クラスごとに並んでいるらしい。あらかじめ、学校からのメールで担任の先生はわかっていたので、クラスの列をなんとか探して加わらせるていると、校長先生のお話が始まりました。

「○○十年前の今日、最初の国立公園がひらかれました。そして、○○十年前の今日、イギリスのロックグループ(ビートルズですね)が、最後のコンサートを開きました。そして、今年、今日、みなさんが新しい学年を迎えます。」

うーん....、いや、つっこむのはやめておこう。このありがたいお話のあと、生徒達は、新らしい担任の先生達とともに、学校の中へ入っていきました。新学期が無事にスタートです。送り迎えに車で右往左往の日々が始まります。

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。