FC2ブログ

プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

ポリニャック夫人って...?!

私は漫画「ベルバラ」を読んだ世代なので、ポリニャック夫人の名前はよく知っています。

639px-Gabrielle_de_Polastron.jpg

王妃マリー・アントワネットの一番のお気に入りなのをいいことに、寵愛を私利私欲に利用し贅沢三昧。しかし、そそのかされていたことに目醒めた王妃にしだいに遠ざけられた。革命が勃発すると、さっさと王妃を捨てて国外に逃亡。

作者が膨大な資料を集めてベルバラを書いただけあって、そんな漫画ででのポリニャック夫人像はかなり史実に忠実らしく、Wikipedia(日本語版)には、ほぼその通りのことが書いてあます。...と思ったら..

フランスのテレビをみていたら、「マリーアントワネットのお気に入り達」みたいな題の歴史番組を放送していました。当然ポリニャック夫人もでてきました。だけど、なんかちょっと違う。寵愛をいいことに、ベルサイユで好き勝手をしていたのは事実でしょう。でも、王妃を「いい鴨」として操り利用するだけ利用して、さっさと逃げていった、というところは違うようです。この人は、ほんとに王妃が好きだったらしいです。慌てて仏語版のWikipediaをみてみると、やはり日本語版とは違うことが書いてありました。TV番組の内容のとおり。

革命のあとすぐにポリニャック伯一家がフランスを去ったのは、国王夫妻にそう命じられたからで、その折、お手当ももらっているとか。時が時だけに「円満な別れ」というのとはちょっと違うけど、「国王夫妻を見捨てて」というのともニュアンスが違いそうです。また、亡命後も、国王夫妻とは親密に手紙にやり取りがされていたとか。

周辺国を転々としたあとのウィーン滞在中、ポリニャック夫人はマリーアントワネットの死を知ります。しかし、夫人の息子は、王妃の死のニュースを母親に知らせるにあたって、断頭台での死ではなく、留置中の病死ということにしたそうです。事実はあまりに酷だからと。夫人は打ちのめされたそうです。体調の悪かったポリニャック夫人が亡くなったのは、そのニュースから1か月後だったそうです。まるで後を追ったように。

ーー
今日のひとこと。
番組名: Les favoris de Marie-Antoinette   マリーアントワネットのお気に入り達
スポンサーサイト



歳始めの風景いろいろ

街のクリスマスイルミネーション、まだ残っているところも多いです。
small 20200105_171002
1説によると、クリスマスツリーは1月5日には片づけないと縁起が悪いと言われているそう。自治体も廃棄されるモミの木を回収して廻りました。でも、街のショッピングエリアはセール中。イルミネーションで賑やかな方がよいのでしょうね。

そしてこれは、1月6日の王様のガレット。

small 20200104_163757

カフェで暖かい飲み物で一息。カプチーノチョコってなんだ、と思ったら、単にカプチーノに濃厚なチョコクリームが入っているものでした。
small 20200109_143447

床でおとなしくしている、ちょいとかわいいイヌ君達。
small 20200109_150359




師走の小旅行から帰還

クリスマスを南欧で過ごしてきました。

空港ロビーのサンタドレスのキレイなお姉さん。このロボットは...ピッパー? それに、近づくどこぞのキュートな少年。

small 20191223_091907

旅の間、持ち歩いていたA5サイズのノートは、この小さな袋に入れてから鞄に入れておりました。傷まないようにね。
small 20191228_204524

下部の、インクをこぼしたような適当な模様は、一応これでも絞り模様のはずだったのです。
数年前、ゆっぴーの誕生日パーティーの折、庭で、みんなで絞り染めをしたのです。アクリ絵の具と輪ゴムで。
まだ幼稚園のときにも「絞り染めパーティー」を一度して、後片付けの大変さに懲りたはずだったのに、また性懲りもなくやりまして、そのときの失敗作がそのままになっていました。だれも使わないので、ノート入れに。布用ペンでクジラを描きました。

で、ついでに裏側にもテキトーな絵を描きました。

small 20191228_204511

--
今日のひとこと

絞り染めは、英語ではTie-Dye。そのまんまですね。”縛って染める”。
Tie-Dyeの仏訳は、と調べてみると、はっきりと用語としては決まってないようですね。teinture nouée だったり、teinture sur nœuds だったり、”結びによる染物”みたいな。また、日本の絞り染めに限っては、”Shibori”も使われるようです。


クリスマスマーケット

元々はドイツの風物詩のイメージがあったクリスマスマーケットですが、今はヨーロッパどこでもやってますね。暗くなってから、寒いのにでかけるのは、無精者には向きません。昼間、それも屋内会場でやるチャリティーのマーケットに行ってきました。風情はないですが、濡れないし、凍えないから。(笑)

で、フェアトレードで売られている、ネパールで作られたフェルト細工を買ってきました。何の毛かは聞きそびれましたが、上質のフェルトっぽいです。ワンコ達は、犬を飼っている親戚の子への”ストッキングフィラー”用に。ねずみは、中国系の友人のお呼ばれにお持ちするものに添えて。来年はネズミ年ですからね。

small 20191130_202303

ーー
今日の一言:
”Stocking-filler”。ストッキングといっても、この場合靴下のことです。ベッドわきに、プレゼントを入れてもらうためにつるして置く、あれですね。
夫の実家では、ウールのロングソックスに、ミカンだの、ちょっとした文房具だのを入れてもらっていたらしいです。
本来なら、stocking-fillerとは、お菓子のおまけのような小さな玩具や駄菓子など、こまごました、ちょっとしたプレゼントのことを言ったはずなのですが、昨今は、巨大でこぎれいなソックスが売られていて、大量に豪華なものを突っ込む家もあるようで。

フランス語にstocking-fillerってあるんだろうか..と思ったら、フランス語訳は、単に、”ちょっとしたプレゼント ”petit cadeau de Noël”のようでした。


赤城の山も..

一時帰国が終わり、私の夏は終わりました。
撮りためた日本のTV録画を少しずつみています。

その中の「にっぽんの芸能」で、新国劇の復活公演みたいなのがあったと紹介していました。

私は昭和の子なので、新国劇の名前だけは聞いたことがありました。また、「月さま雨が」や、「赤城の山も今夜限り」などの名セリフも、一応知っています。ただ、新国劇とこれらの台詞とのリンクがしっかりできている世代ではなく...

「月さま雨が+春雨じゃ濡れて行こう」はどこで覚えたのか定かではありませんが、「赤城の山も今夜限り」を、どこで初めて知ったのは、はっきりしています。

それは、実は、この本か、

いばるな

この本のどちらかなのです。

先祖をたずねて

古代生物(両生類か小型恐竜)が股旅姿でしゃべっていた台詞です。赤城の山の代わりに、バックには火山が描かれていたかも。

よくは覚えていないのですが、親分は、自分は化石になると言っていました。そして、「可愛い子分たち」は、それぞれ別の道へ。つまり、別々に進化していくというのだと思います。その中の若手は、哺乳類(いずれはヒト)になるんじゃなかったかな..。今、ざっと「いばるな恐竜ぼくの孫」の方をパラパラ探してみましたが、みつかりませんでした。ということは、「先祖をたずねて億万年」の方なんでしょうね。こちらは、今手元にないんですよね。どちらもボロボロになるまで子供の時に愛読しました。久しぶりに読みたくなってしまったけど、入手が難しそう..

ーー
今日のひとこと:
そんなもの無しですよ。昭和の名セリフを訳してみようなんて、恐れ多いです。

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術