プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算数図鑑、届きました

注文していた算数図鑑が届きました。
いい本ではあるのですが、内容は、おもっていたのよりもずっと薄かったかな..。やはり、新3年生のゆっぴーには、ちょっと買うのが遅かったようです。主に、分数の概念を視覚的にとらえてもらおうとして買ったのですが、注文してから届くまでに、この本の内容とちょうど同じような図を使って、学校で先生が説明してくださったようなのです。「ああ、知ってる 知ってる」と喜んで仕掛けをめくっていましたが、もう理解してしまっているので、今の段階では、とりあえず「一回みたら終り...」みたいな本でした。

算数図鑑英


でも、この先、通分や分数の掛け算などがでてきたときに、この本の図にもう一度戻って、「だから、分数っていうのは、」と確かめてから説明するのにはいいかもしれません。

個人的に、算数は、好きな子ならどんどん先取りしてもいい教科だとおもっているので、就学前から何回か開いておくのに向いている本かもしれませんね。

そして、この本と一緒に注文したのがこちら。
レビューの数が多く、評価も高かったので。

HelpMath.jpg

参考書としては、普通じゃないでしょうか。説明の仕方が、特にものすごくいいとはおもいませんが、図はたくさん使っているし、簡潔でわかりやすいかもしれません。ただ、この版について言えば、字のフォーマットが詰まっていてフォントも小さく、ぱっと読みやすいとはいえないです。全体的には、まあまあといったところでしょう。
スポンサーサイト

算数図鑑

以前のブログに書いたIQ算数辞典

算数辞典の記事

とてもいい本なのですが、新小学3年生には、まだ高度な内容もあります。
寝る前に、分数を使った小話を一緒に読んでいたら(寝る前に読む内容ではなかったですね..反省)、通分がさらっとでてきました。通分については、前に一度、図を書いて説明してわかっていたのですが、忘れていたみたい。もう一度説明したけれど、夜、疲れているときなので、「早過ぎ! わからない!」と苦情が。ま、仕方ないですね。学校ではまだ分母が同じ分数のたし算さえ習っていないのだから。

で、もうちょっと時間と体力に余裕があるときに、わかりやすい図か、あるいは丸いケーキでも紙で作って説明するか、とも思っているのですが、以前から気になっていた本を買うことにしました。

算数図鑑日

ビジュアルな説明で、算数のセンスを磨いていけそうです。自分で触ったりめくったりできるので、就学前のお子さん用に購入される方が多いみたいですね。でも、いつでも基本に帰るのもいいだろうと思いまして。特に小学生の算数って、分数でつまずくお子さんが多いと以前聞いたことがありますから、ここで、ただ「通分の仕方はこうよ!」と教え込むだけじゃなくて、分数の意味をもう一度確かめさせようと思います。

ですが、これ、2000円以上するんですよね。日本から取り寄せたらさらに倍以上の値段になってしまうし、時間もかからる。
で、ふと気が付いたのは、表紙にあるDKのロゴ。これは、ドーリンキンダスリーのロゴ。といことは、英語版があるのか..? 
最初は、英語に翻訳されてDKから出ているのかと思って調べてみると、どうやら、訳本らしい。

英語名の著者は表紙に書かれてないし(図鑑だからか)、正確な原題がわからないので、ちょっとてこずりましたが、みつかりました。これだ!

算数図鑑英

日本語版に比べて表紙が少々ださいですが、こちらの方が安いし、すぐに届くのだから仕方ない。早く届かないかな。



算数辞典

土曜日の夕方のひととき...  今日の愛読書。



むさぼり読んでいました。そろそろ、この本の内容を楽しめるかな、と、何気に、ゆっぴーの好きなトピックのページをみせて、渡したら、その前後の(算数ネタの)漫画も読み出して、漫画でない読み物風の記事や、図形の話など、読みやすいページからどんどん読み進んでいきました。

続きを読む

引き算の繰り下がり その後

先日から何回かブログにしている繰り下がりのある引き算。15-8=? 13-6=?などですが、

やはり、ひかれるほうを、10の位と1の位にわけるやり方が、一番てっとり速くわかり易いようです。
15-8なら、15を10と5にわけ、まず10-8=2をし、そして、2+5=7
これを覚えて機械的にやるのが、ゆっぴーには一番楽のようです。今は、何個かこの手の問題がでても、けっこう楽しそうにスラスラやってます。で、その過程で、パターンも徐々に覚えていって、数にも慣れていっているような風情です。
まず10から引くのは、縦算でも使うわけですから、このやり方で練習しておくのがよかったみたいです。あと数週間すると、二桁同士の縦算がでてくるようですし。
いずれにしろ、とにかく本人に合っているやり方だから、これが一番。

それにしても、繰り下がりのある引き算を、もうこの時期に学校で一斉にやる必要があるんでしょうかね。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

引き算、その後

先日の日記にかいた、繰り下がりのある引き算。(13-8=? 15-7=? などなど)

繰り下がりのある引き算

結局、引かれる方の数を10の位と1の位に分けてしまうやり方が、今のゆっぴーには1番むいているようです。

例えば、
  13-8=?

なら、
  13=10+3
  10-8=2
   3+2=5
    だから、答えは5

まずは、「○(杭でもいいが)を13個ならべた絵をかかせることを何度もやって、視覚的に感覚的につかめさせて」とも思いました。でも、ゆっぴーって、この絵をかく作業が「面倒くさい」「疲れる」と思うことがあるらしいのです。ならば、無理強いしてやる気をなさせることもない。本人が一番やりやすいやり方をさせることにしました。
繰り下がりの意味自体は、何度か、殻つきアーモンドやペットボトルのキャップを使って説明してみせましたからね。

ゆっぴーの父親曰く「子供には、純粋に数字自体を楽しむ子がいる。」(言った本人がこのタイプです。) ゆっぴーも、縦算を喜ぶし、そのタイプなのかも。ゆっぷー、4歳のときには、もう、簡単な足し算で遊んでいました。一方、私と違って、今のところ、文章題はそれほど好きではありません。

算数の問題を視覚的に考えられる回路を作るって大事だって人もいます。また、文章題から、式を起こしていく練習は、応用力に云々とも。私も、どちらかというと、今でも「その通りではないか」と思っています。「図にすると、子息演算の意味がよくわかるじゃない。」「文章題を解くって、理論的思考の訓練に大事でしょ。」と思うわけです。

でも、ゆっぴーの父親のように、「絵をかいていく作業なんてすっとばして、数字だけで答を出しいけばいい」という人もいるわけで、また彼は、文章題をたくさんやらせるんおに懐疑的です。でも、まあ、そんなことを言うこの人は、誰よりも論理的思考が好きだし、数学は「得意」などというレベルよりはるかに上です。だから、子供によって算数の取り組み方の向き不向きがあるのだと、思い始めているところです。

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。