FC2ブログ

プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

NHK語学テキスト

今期のNHKテレビの語学講座は、フランス語もスペイン語も楽しくみています。どちらも、幅広い語学レベルの視聴者がみて大丈夫に作ってありますね。

フランス語は、シャンソンの先生の口をはっきり動かしてみせる指導法に、初心にかえって発音を学びなおしています。(鼻母音の違いとかね。)
スペイン語の方、平岳大さん、かっこいいですね。忙しいのに、ちゃんとスペイン語を勉強しているし、触発されます。

さて、来月号のテキストを買いに大型書店にいってきました。ありゃりゃ。先月に続き、スペイン語がもうない。もともと少ししか仕入れないみたいなんです。他の言葉はまだまだどっさりある。フランス語、ドイツ語、中国語、アラビア語、...。イタリア語だってたくさんある。でも、スペイン語がない!
日本では、英語以外のヨーロッパの言語というと、フランス語やイタリア語の方が人気があるってことなのでしょうか。昨今、知っているとツブシが効いて、使用範囲の広い言語というと、スペイン語だけど、あまり需要がないんですね。
フランス語はともかく、イタリア語って、グローバルでみると、けっこうマイナーですよねえ。でも、スペイン語じゃなくて、イタリア語なんだあ... 確かに、(南米はおいておいて)ヨーロッパだけで考えると、日本人の渡航数は、圧倒的にスペインよりイタリアのほうが多いですものね。

というわけで、遠くの本屋を廻る余力もなく、先月同様、ネット販売のお世話になることにします。送料無料がありがたいですね。




スポンサーサイト



テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

フランス語のメンテナンス

帰国から2ヶ月近くたちました。最初の数週間は、ただただアップアップ。言語のメンテナンスは、他のお稽古ごとに比べ出遅れてしまいましたが、まあ、なんとかやっています。

英語:

これは、パパ(一緒に来日している)と毎日話し、絵本も毎晩読んでもらっているから、まあ、それなりです。

スペイン語:

これは、メンテナンスというよりも一からのお稽古。バルセロナ出身の語学留学生のお姉さん先生に週に一回”レッスン”をお願いしています。最初に、先生が英語が堪能だということをわかってしまったので、ついつい楽な英語でまくしてしまっていたゆっぴー。最初は、”カスティリア語の練習に、カタルーニャ語もちょっと混ぜて”ということだったのですが、ほとんどカタルーニャ語だけにしてもらったところ、最近では、先生の言うことへの反応がよくなってきました。まだ、自分から話すことは少ないですが、慣れてはきているみたいです。

フランス語:

これ、意外に忘れてないみたいです。一応、毎日お気に入りのアニメ(ミツバチマーヤ、オクトノート、ドーらなど)のDVDはみているのですが、話すのは週一回の個人レッスンだけ。ほんとは、会話の機会もっと増やしたいのですが、ちょっと手がまわらず...。でも、週一のレッスンは大いに楽しみにしていて、先生と大騒ぎして遊んだり”勉強”したりしています。先週は、”e”のアクサンの向きと発音をならったそうです。

とはいえ、字をかく練習が足りているか、少々心配でないわけでもなし。出国する前、担任の先生からは「毎週、こちらでやっているプリントをpdfにしてメールで送るから、やらしたら、またメールで送り返すよう」と親切な申し出。でも、日本についてから、先生からは寸とも言ってきません。(苦笑) 忘れてるのかしら。でも、実は、この幼稚園、来秋に入る小学校とつながっていて、校長先生も同じなのですが、どうも、いろいろありまして、転校も考えておりまして....だから、敢えて担任の先生に、こちらから連絡はとっていません。

でも、「あちらの幼稚園の先生からプリントが送られてくるから」と、幼稚園用の市販の読み書きドリルは、もってこなかったのです。だから、ちょっと困る。
で、こんなサイトをみつけました。

Exercices et activités de lecture

まだ苦手な筆記体の練習ができそうです。動物の名前パズルも、探していたので、これは助かります。



テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

帰国しています

4月から、8月末まで一時帰国中です。

帰国前は、準備でバタバタ。到着してからは、時差ボケもさることながら、気温の異常の上下変化がジェットコースターのようで、親子で体調を崩していました。

ゆっぴーは、毎年お世話になってきた幼稚園に、今年も入れていただきました。あちらでは、フランス系の「学校」幼稚園で、自分の机に座って「お勉強」でしたが、こちらの幼稚園は、自由保育で「自分で自分の居場所をみつける」の方針の下、朝から泥んこになって遊びまわっています。

あちらでは、「学校」では「いい子」で、きちんと座って先生にも優等生扱いされ、ぶっちゃけ成績もよかった。それが、すっかり、自由保育を楽しむ生活に戻っています。でも、幼児期も残りあとわずか。御勉強はまた後で取り戻せるから、お友達ともまれて、そこから学ぶ生活をさせるのもいいかと。一人っ子ですからね。今は「遊ぶの大好き」。毎日やっていた「字の練習」も、週末だけになってしまいました。でも、その代わり、お稽古はここぞとばかりに多いです。

  -バレエ
    去年と同じところにお世話になっています。ささやかな発表会にも出していただける予定です。
  -ピアノ
    親がみていましたが、日本にいる間はプロの先生におまかせします。
  -バイオリン
    帰国前からせがまれていました。
  ー三味線
    去年、私の三味線に嫉妬して始めました。
    でも、子供用三味線でも、身体がまだ小さすぎ。バイオリンみたなサイズの幅がないですからね。
  ー日本舞踊
    私のお師匠さんのところに一緒に通っています。
    私のお稽古につき合わせていたため、赤ちゃんの頃からまとわりついている先生です。

これに、フランス語とスペイン語。
フランス語は、語学教室の講師の先生に個人レッスンをしていただき始めました。折角習い始めた「読み書き」を忘れない為に。日本に帰ってきてから、すぐにフランス語を忘れてしまうかと思ったのですが、結構憶えてました。
スペイン語は、語学レッスンの広告をだしていたスペイン人の学生さんに。お姉さんみたいなものです。でも、先生は好きだけど、相変わらずスペイン語は好きじゃなく...でも、少し慣れてきたかな。

日本は楽しいけど、数ヶ月後には戻らなければいけないと子供心にもわかっていて、「さよなら」に敏感なゆっぴーのこの頃です。

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児