FC2ブログ

プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

花子さん

「花子さん」じゃなくて、今はまだ「花子ちゃん」ですよね。NHKの朝ドラは、何年もみていなかったのですが、私が読んだ「赤毛のアン」はこの方の訳だったし、「見ねば!」と思ったのです。袴姿の女学生ルックも好きですしね。

今朝は、朝ごはんを食べながらゆっぴーも見ていました。「英語の先生になって、そのあと、英語の本を日本語になおす人になった」こと、「この人が日本語にした本は、ママも大好きだった」こと。「ゆっぴーももうちょっと大きくなったら、その本読めるよ」と話したら、興味津々。特に、今日はまだ子役さんでしたしね。ゆっぴー、「明日も花ちゃんの話みようよ」と言いました。朝の漢字の時間が数分だけ減るかもしれんが、まあ、別にいいです。一緒にみます。

それにしても、ゆっぴーが最初に読む「赤毛のアン」は、何語版なんだろう..

よろしければ、こちらからクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

子供のためのゲレンデ

ゲートをくぐれば、まるでパリのディズニーランドのファンタジーランドのような音楽が鳴っている楽しいスロープです。

写真スキー3月

林の中に、旗やゲート、コーンがいっぱい置いてあって、吊るしてあるボールをはじいたり、鈴を鳴らしたりしながら、滑り降りていきます。習い始めの子が遊びながらスキーに鳴れるスノーガーデンもありますが、こちらは、それをとっくに卒業してしまって、かなり上達した子が楽しめるコースです。ディズニーのライドに乗っているような雰囲気です。

写真 スキー3月2

そろそろスキーも終りです。

よろしければ、こちらからクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

爛漫?

初夏のような陽気が続いて、公園横の桜並木が満開になりました。お団子でも作って繰り出したいところですが、このところ寒いのです。お天気が悪いので、花冷え...と言った風情ともちょっと違うか。

写真 cherry




よろしければ、こちらからクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

機械仕掛けの自動人形?

バレエ教室は、新しい踊りをやっています。これが、子供達ノリノリ。

先日のレッスンのお迎え時間近くにいっていみると、お母さん達がみんな窓越になんとかレッスン室の外をのぞこうとかたまっていました。こういうことは珍しいんです。しかも、なにやらニコニコと笑いながらコメントしている。

「どれどれ」と、私も除きに加わったら、なにやらかわいげな音楽で、おもしろい動きをしています。カクッカクッとした動き...ロボット....? そこでひらめいた。「あぁ、もしかしてコッペリア?」

ピンポンでした。ぜんまい仕掛けのお人形になっているのだそうです。ゆっぴーは「先生に、手が上手だって褒めてもらって、みんなの前でお手本をみせたんだよー」と嬉しそうでした。

その後、たまたまみていた「おかあさんといっしょ」(まだ、この番組、たまに衛星でみてます)で、パントのおねえさんがロボットのパントをしていました。「あのー、ゆっぴー、ひょっとして、このロボットをみてたからコッペリアのお人形の手を褒めてもらえたのかな..」と言うと、本人すかさず「そぉなの!」あ、さいでしたか。なるほど。

よろしければ、こちらからクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村





テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

今日の(昨日の?)「おかあさんといっしょ」、疑問です

衛星放送でみていた今日の「おかあさんといっしょ」。多分、日本国内では昨日放送されたものだと思うのですが、ファミリーコンサートでした。なんとか大魔王だかなだかという悪者がでてきます。

すりかえ仮面達(体操のよしおにいさんとマイムのりさおねえさん)が、その悪者が出すビームによって、小さく固められてしまう様子の”特撮”が、舞台上のスクリーンに映し出されたのです。

これって、NHK「おかあさんといっしょ」としては、どうなんでしょう。ダーク過ぎませんかね。普段からヒーローものの特撮やアニメを見慣れている子ならどうということはないでしょう。でも、そういうのを親がフィルターアウトしていて、毒がないはずのNHKの幼児番組だけをみせている家庭の子もいるでしょう。また、ちょっとセンシティブな子だっています。おかあさんといっしょのターゲット年齢は、3歳が中心のはず。うちの子は、3歳だったら、絶対泣いていたと思います。また、もっと小さい子だってみているはず。安心してめさせられるのが「おかあさんといっしょ」だと思っていたのに。

「これぐらいの刺激、いまどき当たり前」なのでしょうか。

よろしければ、こちらからクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

適当に笑顔

先日、愚痴っぽいブログをかきました。あるお母さんの怪訝なそぶりをについて云々。小心者なので。すれ違いさまに目があったら、今度は笑顔であいさつされました。だから、こっちも何事もなかったかのように笑顔であいさつを返しました。

何なのだろう。単なる気分屋か、それとも、たまたま先日は間が悪かったのか。どうでもいいが、疲れるなぁ、などと思っていたら、昨日は、子供達が出てくるのを待っている間ちょっと一緒になって、なごやかに世間話までしました。このかた、スペイン人なのですが、なぜか途中で会話が突然理由もなく英語からフランス語になっていったり、「あれっ」でしたが、それ以外は普通に友好的な談笑でした。

この方とは、カフェ・コン・レチェ(ふわふわミルク入りのコーヒー)を飲みながら、ゆっくりお話することはないかもしれない。いい人かもしれないけど、ちょっと怖いのでそういう気にちょっとなれないので。適当に笑顔でさらりとご挨拶してお付き合いしていきますか。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

漢字帳

以前ブログに書いたディズニーキャラがきらびやかなドリル。



ページに絵が多すぎて「目がちらちらする」と不評だったので、比較的背景にイラストが少なくてすっきりしているページを選んで切り離して、朝の登校前の5~10分やらしきました。主に漢字のページ。読解のページは、確かにイラストが多すぎたり、背景がカラフル過ぎて、確かに”長文”を読みにくいので、とりあえず保留。

で、そろそろ、今できるページは終わりました。明日から、どうするか。本人は2年生の漢字をやりたがっているますが、まだ1年生の漢字がうろ覚えなのです。せっかくやりたがっているのだから、おだてて2年生のをすこしずつやっていってもいいですが、その間に、なにげに1年生のもすこしずつ固めなければ。

明日から、日本で買ってきた漢字練習帳を使って練習しようか、ということになりました。ちょっとかわいい表紙(←性懲りない親)で50字詰めのです。

日本の教育システムにいるわけではないので、日本の小学生のように、「漢字を1ページかく」などという時間はありません。今日は、「○○と△△と●●を練習しよう」と、ほんのいくつか、朝の5分で練習するだけです。学校でやっている「ディクテ(書き取り)」テストのノリでやってもいい。

本人は、日本の小学生が使うノートと聞いて、ノリノリ。喜んで表紙に名前と学年をかきこんでいます。組名は...まあ、とりあえず空欄。ちょうど、去年、帰国時にお世話になった幼稚園の同窓生達も春から小学生。みんなが小学校で使うのと同じようなノートだと嬉しそうなゆっぴー。あ、でも、漢字って、1学期はまだやらないんですよね...


http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/127ea5bf.7955ca22.127ea5c0.aa0ba67c/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fvelkommen%2fkmo-80196%2f%3fscid%3daf_link_img&amp;m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fvelkommen%2fi%2f10058135%2f" target="_blank"><img src ="http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fvelkommen%2fcabinet%2fr20131112%2fkmo-80196.jpg%3f_ex%3d300x300&amp;m=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fvelkommen%2fcabinet%2fr20131112%2fkmo-80196.jpg%3f_ex%3d80x80" border="0"></a>" target="_blank">

よろしければ、こちらからクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

考えるカラス

学校放送の小学生用理科番組が気に入っています。NHKのサイトで動画を見られるのは、ありがたいことです。(チョロさん、教えていただいてありがとうございます)

NHK for School 理科
(それにしても、なんでシリーズ名を英語にしなきゃいけないんだろう...)

ゆっぴーは、どれも好きなのですが、今日、一番受けたのは「かんがえるカラス」。

かんがえるカラス

ヘリウム入り風船をお盆の上に乗せて落とすとどうなるか。結論から言ってしまえば、ヘリウム入りでも、すぐには浮き上がらず、お盆と一緒に一旦床に落ちるというもの。これには、ゆっぴー「えぇぇえぇ!?」でした。お盆が下方の空気を遮断するから、という説明を言いかけたところで番組終わり。この番組の常とうで、「あとは自分で考えましょう」。ゆっぴーが「やってみようよ!」と提案。百聞は一見にしかず。「あとは自分で考えましょう → 確かめて、考えましょう。」

スペイン系のファーストフードのカフェチェーンがありまして、バーガーよりもクロワッサン系がメインで、クラシック音楽がそこはかとなくBGMに流れていて、うちはちょっと贔屓にしています。そこでは、いつもヘリウム入りの風船がもらえるのです。ヘリウム風船と言えば、東京ディズニーランドがヘリウム高騰により風船を1000円代に値上げしたとかなんとかいう記事がありましたっけ。このカフェでは無料ですが、恐らくヘリウムの割合が少ないのでしょうね。でも、もらってかえった当日は、ちゃんと手をはなせば天井まで上がります。

よし、では、近いうちに風船もらいにコーヒーを飲みに行くか!(はは、親バカ..)

よろしければ、こちらからクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

学芸会の伴奏

ゆっぴー達のクラスの「ピンクの兵隊」のポップミュージカルの練習が、後半選に入りました。いよいよ、少しずつ親の仕事がこれから増えてきます。

音楽監督のお父さん(本職の音楽家)Oさんと、私、そして、もう一人伴奏をかってでたお母さんのIさんと、初打ち合わせをしました。Iさん、もっと簡単な童謡っぽいものを想像していたそうで、曲の難しさにかなりびびってしまっています。いや、無理もない。わたしだって、6歳の練習するようなもんじゃないと思ってますもの。

Oさん(Iさんと私は、マエストロと呼んでいます)からは、伴奏は頭にはできているけれど、楽譜にする時間がないので、コード名だけを歌詞にメモったものを渡されています。あ、ちなみに、Oさんは、本物のの音楽家です。昨今日本で話題になっている方と違い、ちゃんと楽譜は書こうと思えば書けます。でも、「時間がないし、簡単なコードの伴奏でいいですから、これで弾いてみてください」と言われたのです。

それで、頑張ってコード名を覚えて、コード名から作る簡易伴奏も検索して、和音をじゃーんじゃーんと弾いていってみたんです。が、「簡単で」などと言いながら、マエストロは、「いや、そえじゃあ、パンチがない。もうちょっとノリのいいのにしてください。例えば..」と言いいながら、お手本をしめしてくれました。左手はコードを分解して”回転”させながら単音ずつ、かっこいいリズムで弾き、右手で、これまたカッコいいタイミングで和音を入れる。ああ、もう、楽譜にしてくださいよー!!! と思いつつ、もう、やけくそで自分でそのパターンの楽譜を作っているところです。

ああ、ほんとに、勉強になる。面白い! こんな機会でなきゃ、ポップソングの即興伴奏なんて、習わなかったわー! と、これは、ほんとにヤケクソです。

よろしければ、こちらからクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

"言葉は通じなくても”ってのは懐疑的だった

タイトルの通り、「言葉は通じなくても、心は通じ合えるものだ」と、「言葉はわからなくても、仲良くなれるんだ」と聞くと、私はいつもシニカルな気持ちになっていました。

私自身が、子供の時(といっても十代ですが)、海外暮らしをして苦労した経験があるからです。
でも、ゆっぴーをみていて、「そういうこともあるんだなぁ」と思うこの頃です。

ゆっぴーだって、ヨチヨチ歩きの小さい頃はともかく、幼稚園に通い始めた4歳の頃から、他の子達とかかわるうえで、言葉ではずっと苦労してきています。楽天的な性格の人は、どこへいっても、言葉がわからなくても、自然に人とうちとけられることもあるでしょう。でも、ゆっぴーは、かなりセンシティブな性格です。そういうタイプではないと思うのです。でも、赤ちゃんのときから、「世界にはいろいろな言語がある」というのを思い知らされているゆっぴー。この欧州のかたすみの言語緩衝地帯で、外国人の、しかも二親が違う言葉で話す家庭に暮らして、さらに、現地語とは違うフランス語系の学校に通っています。なんとか、他の子とコミュニケーションをとる術を”学んだ”みたいです。そう、いわば、スキルとして学んだんだと思います。”子供だから自然に打ち解けて”ではなくて。

また、昨日は、キッズゾーンでであった現地語の少年と1時間以上、わいわい大騒ぎして遊んでいました。大げさな表情はボディランゲージでコミュニケーションをとっていたらしく、いろいろとあとで再現してくれました。

バレエ教室でのお友達のことは、以前の日記にも書きました。バレエ仲間には、母語が英語かフランス語の子は一人もいません。でも、会えば嬉しそうにお互い手をふるし、レッスン前には楽しそうにふざけて一緒に遊んでいます。なかでも、ゆっぴーの「バレエの親友」とも言える子は、フランス語も英語も話せません。なのに、バレエ好きではクラスの一位二位を争う(?)二人は、ほんとに仲良しです。今のところ、ライバルとしての嫌味はまったくありません。バレエが好きなもの同士、お互いに会えるのを本当に楽しみにしている様子です。これは、例えば、市場で買い物をしていて、「売り手さんのお年寄りと片言と身振りで冗談を言い合った」というような状況(これはこれで楽しいのですが)よりも、もっともっと深い絆に思われます。いいなあ、と思います。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児