FC2ブログ

プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

クインテット

朝ごはんを食べながら、このところ、NHKEテレ「ゆうがたクインテット」の録画DVDをみています。もう数年前に本放送は終わってしまったので、大事にとっていた録画DVDです。

ゆっぴーが1歳ぐらいだった頃、みせていたテレビ番組は、ほぼクインテットだけでした。大好きでした。 その後、少しずつ見せる幼児番組が増え(いないないばあ、おかあさんといっしょetc.)、それほどクインテットで興奮しなくなっていたのですが、ここのところ、ゆっぴーにブーム再び。寸劇部分、オリジナルソング、最後のクラシックアレンジ。どれもはまっています。赤ちゃん時代とは違う、今の年齢でのはまり方をしているのです。

親の方も、改めて一緒にクインテットの録画をみるに、宮川彬良ってすばらしいなってつくづく思います。クラシックはもちろん、いろいろなジャンルの曲をアレンジして、ユーモアもたっぷりで、幼児から大人まで楽しめる音楽をプロデュースされていて。この方、一世を風靡されたわけですけれど、もっともっと評価されてもいいじゃないかと思います。宮川彬良さんの大ヒット曲のマツケンサンバ、某動画サイトで、中南米の人達でしょうか、スペイン語で絶賛するコメントがいっぱいはいっています。(ひょっとするとポルトガル語もはいっているのかな...私にはよくわかりませんが)

クインテット、もっとずっと続けていただきたかったです。最近は、テレビにはあまりお出にならないのでしょうか。曲作りやコンサートに時間をつかっていらっしゃるのでしょうかね。

それにしても、うちには、クインテット放送終了前にネットで買った、アリアさんとシャープくんのストラップがあるのですが、今思えば全員買っておけばよかったな...。
スポンサーサイト



緑の時代 続き

先日のブルグに書いた本の影響で、目下、緑がお気に入りの色となっているゆっぴー。私がそろそろまたドレス作りの手仕事がしたくなったところだし、ピアノの練習を最近ずっと頑張っているという名目で、ヒスイ色の生地を二人に見に行ってきました。お手頃な値段で、ちょうどいい色の布地がありました。サテンぽいけど、あまり光らず、薄手です。

画像72

最初は、去年作った白いチュチュに使った雪の結晶柄の布をはずして、この緑にかさねて、エルサっぽくしようかとも思いました。「フローズンの新作短編では、エルサは緑の花柄のドレスをきていますもんね。(映画はみていないけど、ゆっぴーは、仏版の単行本で読みました。)  パリでディズニーランドに行くときに着るプリンセスドレスのつもりで。

でも、結局、「お姉さんぽいドレスがいい」ということで、つけないことに。ゆっぴー、プリンセスもプリンセスドレスもまだまだ大好きですが、けっこう小さい頃から、あまり飾りやフリルが多すぎてボテッとしたものは好みじゃなかったんです。で、今回は、この緑のドレスは、コスチューム系ではなく、シンプルなA-ラインのロングドレスになることになりました。シフォン地を重ねたりもせんでいいそうです。ディズニーでは、今までに作ったドレスのどれかを着て、これは、発表会その他できるためのドレスということに。

画像74

一応、チュールでパニエも作ってるけど、どうしよう。まだ低学年だし、これぐらいいいよね。

画像73

緑の時代到来

速読派のゆっぴーが、図書館から以前借りたものをまた借りてきて読み返している本です。400ページぐらいあるペーパーバックで、上級生用(ローティーンぐらいからかな..?)の本らしいのですが、背伸びしたい年代なんでしょうね。毎日夢中で読み続けています。
prophecy of gems
実は私は読んでいないのですが(長いし..笑)、この中に出てくる3人少女が、それぞれ宝石と関連付けられているらしんです。
で、その中のお気に入り(憧れ?)は、翡翠の少女のようです。

ゆっぴーの今いる学校は、小学生の間は宿題はそんなになく、その変わりに「毎日本を読むように!」としつこく(?)奨励されています。ですが、ここで先生達から奨励されているのは「年齢にあった本」。内容もそうですが、語彙についても「1ページに知らない語彙が3語以上なら、その本はまだ早い」などという指標が渡されます。

でもねえ、読書って、何も学年相当の教科書っぽいうものばかりでなくてもいいですよね。「国語(つまり英語)」のお勉強用の本も借りるけど、本人の余暇のために借りてきた本は、もうそれでいいじゃないかと、好きにさせています。先生には、「ええ?それはまだあなたに難しいんじゃないの?」と言われたことはあるらしいのですが、一応、親は無視。お子さんが同じようなことを言われて、「余計なお世話だと思わない?」というママ友もいます。だって、小学校の図書館にある本ですよ。たとえ低学年でも読んで差し支えがある本はないでしょう。いいじゃないですか。当人が食いついて読んでいるんだから。

というわけで、「ピンク->紫->水色」と変遷したゆっぴーのお気に入りの色。ただ今は、翡翠色、すなわち緑となりました。

待望の”実験用”白衣

ゆっぴーが前から欲しがっていた白衣が届きました。(写真はゆっぴーではありません。通販サイトの広告写真です 笑)
おうち”実験”用です。

61Qk7yrWUrLUL1500.jpgDr. James Lab Jacket  EUR 24.95


小学生用のキットや、台所にあるもの、食物色素などを使うだけで、そんなに物騒な実験をするわけでなし、気分の問題ですね。だからチャチなどでよかったんです。でも、玩具メーカーやコスプレメーカーのお医者さんごっこ用のは、キャラクターなどのイラストがついていたりして、それはいらないし、学校用のまじめなのになっちゃいました。作りや品質は、大人用のと同じです。

生地は分厚いです。昔私が日本から持ってきた白衣と、イギリスの大学院の仲間が持っていた白衣とでは、厚みがかなり違っていたのを覚えています。どちらが機能的にいいのかはしりません。ただ、科学実験用の白衣は、お医者様達の白衣と違い、いざというとき、白衣に火が燃え移りにくい素材で作ってあると聞きます。試薬がかかってすぐに溶けてしまう素材も困りますしね。また、私が昔使っていたのは、ボタン穴が大きくはずれやすいようになっていましたが、これも、スナップで、すぐに脱げるようにしてあります。もちろん、うちでは、そんな緊急時が起こるような”実験”は絶対やりません。でも、ゆっぴーに説明してやるのは面白いかも。

お雛様は旧暦で...(言いわけ)

20160306_103749 s

お雛様を3月3日までに出し忘れていましたが、うちは、いつも”雛祭”は4月3日にすることにしているので、めげずにでてきていただきました。

ピレネー山中にいた頃ならともかく、北西ヨーロッパに引越してきたのですから、新暦の3月初旬なんて、とてもとても”桃の節句”の風情じゃございませんしね。(言い訳、言い訳...)

ガラスケースに入るコンパクトサイズなのですが、ケースごとは手荷物で持ってこられないので、何年も前に、ひとつひとつはずして持ってきたものです。ピアノの上に並んでいただいています。

バレエのストーリー本を取り寄せました

balletstory.jpg

イースターのお休みに、オペラ座バレエ団の「ロミオとジュリエット」を見に行くので、ゆっぴーに予習をさせるために買ってみました。
悪くはないです。

バレエのストーリー本は、何冊か出回っていますが、チャイコフスキーの三大バレエ以外では、ジゼルやコッペリアぐらいまでなら、比較的探しやすくても、その他は、載っている本と載っていない本があるので、ちょっと検索が必要でした。

この本は、けっこう、マニアック(?)な演目まで載っています。「ロミオとジュリエット」もちゃんと載っていますし、「春の祭典」「ダフネスとクロエ」「せむしの小馬」などの名前も。幼児用のバレエ絵本を卒業している子でもいける内容です。

ただ、オンライオンショップの英語レビューには「絵が美しい」とありますが、うーん...日本人の好みからいくと、挿絵は微妙です。
それと、付属のCD。「ロミオとジュリエット」を見に行くためというのが、とりあえずの購入動機だったのに、入っていないんです。プロコフィエフの曲は、「ピーターとおおかみ」が入っているだけ。 これ、関係ないでしょ! CDは、ただのおまけと割り切ってしまわないといけませんね。

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

ゾウのフンでひまわりを育てる?!

ゆっぴーのイギリスの叔父からのクリスマスプレゼント。ロンドンの自然史博物館にショップからです。

ひまわり1

中身は、本物のゾウのフン(一応、熱消毒してあるみたいです)と、ひまわりの種。これで、ひまわりの苗を育てろと。
ほんとうは、春に撒けばいいのですが、うちは、夏は日本だし、成長するのが間に合わないので、今撒いちゃいました。天井がガラス張りの部屋で、なんとかそだたないかと。

で、いっぱいでてきたので、普通の園芸用の土も買ってきて、鉢に植え替えました。

ひまわり2

さすがに、まだ冬だからひょろひょろだけど、栄養満載のゾウさんのナニで、頑張れ! ひまわり達。

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育