FC2ブログ

プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

パリの中世美術館

ロンドンで大英博物館に行ってきた1週間後に、パリのクリユニー美術館って...(苦笑) でも、考えてみれば、パッケージ旅行で短期間にヨーロッパ各都市を廻ることを思えば、そんなの何でもないんですよね。

というわけで、週末にぶらりと行ってきたパリの写真です。

パリの観光客は激減しているそうですが、それでも、比較的渋い存在の、このクリユニー中世美術館も、けっこう繁盛していました。昔(といっても、かなり昔)は、いつ来ても閑散としていたのものですが..。

small 20161113_122700 small 20161113_123717

クリユニーで目当てだった、ブルージュのユニコーンのタペストリーは、ちゃんと見てきました。でも、クレープを食べようと目当てにしていたカフェが、なんと閉店してました。入り口の貼紙によると、新装開店準備中だとか。あの、年々減っていく、パリっぽい雰囲気が変わってしまわないよう。モダンで清潔すぎる店になってしまわないよう祈ります。
で、近くの別のカフェでゆっぴーとクレープ。うーん、観光客相手過ぎるのか、値段が高いぞ。お気に入りのお店に、早く復活して欲しいです。

small 20161113_110712

最後は、ホテルの窓。
small 20161113_101153
スポンサーサイト



舞台裏ツアー

ロンドン滞在中に、ロイヤルオペラのバックステージツアーに行ってきました。
これ、大当たりでした。売れない(?)俳優兼作家のオジ様がガイド役だったのですが、舞台化粧をして、イギリス的ジョークいっぱい、大サービスで案内してくださいました。ロイヤルオペラの歴史や、建物の説明なども、子供でも楽しく聴け、退屈している時間はありませんでした。

ツアー中は、撮影禁止なので、写真はなし。
オペラハウス内見学ツアー

ステージでは、オペラ「ホフマン物語」がリハーサル中。舞台裏の衣装部、大道具部などを見て周り、場面変換のハイテク装置の説明もおもしろかったです。また、バレエの練習室では、ソリスト達の練習をガラス越しにみることができますし、移動中、バレリーナと同じエレベーターに乗り合わせることも。

できれば、パフォーマンスもみたかったけど、ロイヤルオペラは高い! すぐに売り切れる! ゆっぴーが生まれたてからは、全然ここで観劇してないな..。ま、いつか来られるでしょう。

ツアー後は、コヴェントガーデン内のクラシック音楽のバスカーズがいつもいるワインバーで、温かいスープとパンで昼食にしました。テラス席のシーズンではないけれど、テノールと、カルテットの生演奏に、ゆっぴーはノリノリ。ここにまた来るのを楽しみにしていたそうです。

small20161102_115424.jpg

でも、寒かったので、昼食後は、大英博物館に暖をとりにいきました。

small 20161102_165802

クマ達

イギリスで一番有名なクマと言えば”プーさん”かもしれませんが、ロンドンで一番有名なクマならば、こちらの方、パディントンでしょうね。

small20161101_135659_001_20161108074128ad1.jpg

以前からパディントン駅内には像がありましたが、駅近くの公園のこちらの像は初めてみました。ひょっとすると、あの、しょうもない実写映画の封切り後に立てられたのでしょうか。

イギリスは、この二人のクマ以外にも、テディベア達がたくさんいる国。昔、大学院生のとき、指導教官はブリーフケースにいつも小さなテディベアを入れて連れて歩いていました。お守りなのだそうです。奥さんと喧嘩したときも、いつも花束と小さいクマを買って謝っているらしいです。(学科内では有名な恐妻家)

さて、こちらは、某有名高級デパートの空港出店でドアマンをしていたクマ。

small20161103_164302.jpg

値札を首から下げていますが、値段にゼロがいくつもならんでいます。

small20161103_164329_201611080736242db.jpg

ちなみに、これはイギリスではなく、地元の庶民的なショッピングセンターにいたクマ。大きさは上のクマの3倍ぐらいの大きさですが、値段は四分の1ぐらいです。

small 20161028_120307

今度は、Udon うどん おうどん

実に久しぶりに、イギリスへ2、3日”里帰り”してきました。

先日、イタリアン・フレンチのお店で出されたSUSHIのことを書きましたが、今度は、ロンドンの某駅前のヌードルバーで出されたUDONです。カレーうどんと、カツカレーが売り物らしいこの店。見るからに、いかにも「あかんやろなあ...」だったのですが、コワいものみたさ(食べたさ)に入店。テイクアウェイしてしまいました。

左側は、「スパイシーベジタブルうどん」。スパイスや人参やコリアンダーなどが入っていました。これはこれで、食べられなかったわけではないです。寒さと空腹の中、それなりに温まりました。
右側は、「チキンうどん」。麺好きのゆっぴーが食べかけましたが、9年生きてきて、一番まずいうどんだったそうです。ブロッコリーなどが合わないのと、つゆが何とも不思議な。
small20161102_091518.jpg

small 20161101_131032small20161101_131021.jpg