プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラナダ紀行3 いよいよ中を見学

最終日の午前中は、ガイドさんに英語で案内してもらうツアーに参加しました。4時間かけてアルハンブラをすべて廻るというもの。

4時間歩きっぱなしなので、ゆっぴーがもつかな、とちょっと心配していました。でも、結果的には、こういうグループツアーに参加したのは成功でした。他に子供がいなかったのがちょっと残念でしたが(スペイン語のグループには一人いましたけど)、グループ行動なので、最後まで「疲れたー」「退屈ー」などの苦情はでませんでした。ガイドの(トウの立った)お姉さんの傍にくっついていようと、頑張って歩いていました。

お土産さんで買った、子供用のアルハンブラ解説のシールブックで、ある程度刷り込み予習をしておいたのもよかったです。

写真 6

写真 アルハンブラ4

いよいよ、王族のお住まいへ。「王様やお姫様がいたところだよー」「あ、あのライオンの噴水、絵本でみたよね。」とか言って盛り上げます。
ヤシの木をデザインした柱が何本も立っているのは、楽園のイメージ。泉を支えるライオンは、異宗教を含む部族達を表しているのだとか。アラビアから回教を広めるためにやってきた人々ですが、意外と寛容なところもあったようです。

写真 アルハンブラ3

ここは、楽園の庭や自給のための畑ののある離宮。この有名な噴水の列は、水音が有名なギター曲のインスピレーションにもなっていたますが、キリスト教徒によって加えられたものなのだとか。アラブの人々にとっては、水音はもっと静かであるべきものだそうです。

5写真 アルハンブラ

よろしければ、こちらからクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。