プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"言葉は通じなくても”ってのは懐疑的だった

タイトルの通り、「言葉は通じなくても、心は通じ合えるものだ」と、「言葉はわからなくても、仲良くなれるんだ」と聞くと、私はいつもシニカルな気持ちになっていました。

私自身が、子供の時(といっても十代ですが)、海外暮らしをして苦労した経験があるからです。
でも、ゆっぴーをみていて、「そういうこともあるんだなぁ」と思うこの頃です。

ゆっぴーだって、ヨチヨチ歩きの小さい頃はともかく、幼稚園に通い始めた4歳の頃から、他の子達とかかわるうえで、言葉ではずっと苦労してきています。楽天的な性格の人は、どこへいっても、言葉がわからなくても、自然に人とうちとけられることもあるでしょう。でも、ゆっぴーは、かなりセンシティブな性格です。そういうタイプではないと思うのです。でも、赤ちゃんのときから、「世界にはいろいろな言語がある」というのを思い知らされているゆっぴー。この欧州のかたすみの言語緩衝地帯で、外国人の、しかも二親が違う言葉で話す家庭に暮らして、さらに、現地語とは違うフランス語系の学校に通っています。なんとか、他の子とコミュニケーションをとる術を”学んだ”みたいです。そう、いわば、スキルとして学んだんだと思います。”子供だから自然に打ち解けて”ではなくて。

また、昨日は、キッズゾーンでであった現地語の少年と1時間以上、わいわい大騒ぎして遊んでいました。大げさな表情はボディランゲージでコミュニケーションをとっていたらしく、いろいろとあとで再現してくれました。

バレエ教室でのお友達のことは、以前の日記にも書きました。バレエ仲間には、母語が英語かフランス語の子は一人もいません。でも、会えば嬉しそうにお互い手をふるし、レッスン前には楽しそうにふざけて一緒に遊んでいます。なかでも、ゆっぴーの「バレエの親友」とも言える子は、フランス語も英語も話せません。なのに、バレエ好きではクラスの一位二位を争う(?)二人は、ほんとに仲良しです。今のところ、ライバルとしての嫌味はまったくありません。バレエが好きなもの同士、お互いに会えるのを本当に楽しみにしている様子です。これは、例えば、市場で買い物をしていて、「売り手さんのお年寄りと片言と身振りで冗談を言い合った」というような状況(これはこれで楽しいのですが)よりも、もっともっと深い絆に思われます。いいなあ、と思います。
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。