プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どの曲か思い出せない事

よくありますよね。

今週のゆっぴーのピアノの課題は、ショスタコヴィッチのガボット。ショスタコヴィッチ先生が愛娘の為に書いたピアノ教本「人形の舞曲」の曲で、ゆっぴーが使っている「DIE RUSSISCHE KLAVIERSCHULE 2」に入っています。この本は、バロックや古典派から20世紀のソビエトの作曲家やバルトークまで幅広い時代の練習曲が入っているのですが、先週終わったのがやはり「人形の舞曲」の「ダンス」だったので、「えーっ、またショスタコヴィッチなのー?!」と、密かに母は思ってしまいました。一瞬だけ。

でも、いざ譜読みを始めたら、親子で「いいねえ、この曲ー。きれーい」「ここ好きー」と言い合っています。ショスタコヴィッチ先生、いいわぁー。今回の「ガボット」、最初はオーソドックスに始まって、普通にキレイな曲なのですが、途中から、いかにもショスタコヴィッチらしいコードも登場します。斬新というか、洒脱というか。

で、いくつかあるサビの部分のひとつで、高音から降りてくるところがあるのですが、それが、聞き覚えのある曲と確かに重なっているんです。が、どの曲か思い出せないのです。キャッチーな歌のような気がする。何かのTV主題歌か、それとももしかしてNHK「お母さんといっしょ」で聴いたきゅくなのかも... でも、思い出せない。気になる。

と、一晩頭の奥で考えていたら、今朝ネットで読んだ記事に、NHK朝ドラ「あさが来た」の主題歌と名曲との共通点が解説されていました。それは、主にリズムについての解説だったのですが、でも、そういえば、一回だけみた(うちは日本のテレビ映りませんので)「あさが来た」の主題歌の記憶に、なんとなくぴーんとくるものがあり、動画サイトで視聴してみました。「うーむ。これではなかった。」残念。でも、共通点は大ありです。似てはいるんです。ショスタコヴィッチ先生、すごいですね。生前、こっそりJazzも作っていたのが死後みつかったそうですが、ほんとに斬新な名曲をつくりながら、キャッチーなJ-Popの土台に通じるものを書いてらしたんですね。

ああ、それにしても、探している曲は、どれだったんだろう..
スポンサーサイト

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。