プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロコフィエフ「ロミオとジュリエット」

博物館のあとは、バスティーユ劇場でバレエでした。ルドルフ・ヌレエフの振り付け演出で、今回のハイライトのはず..だったのですが..、 残念ながら、これは失敗でした。「死」を前面に押し出した演出で、暴力が強調されているので、いくらマチネでも子供を連れて行くものではありませんでした。喧嘩シーンは、からみがリアルだし、以前見たスタイリッシュな剣の模範演技のような華麗さはなし。ジュリエットは、お転婆な反抗期娘。(正直かなりむかつく..) ルネッサンスの優雅さもあまり感じられず、素人としては、好みではありませんでした。

ゆっぴーに、「今度は、チャイコフスキーのバレエにしとこうか」と言ったら、あっさり同意しました。チャイコフスキーの3大バレエが無難ですな。、特に「眠れる森の美女」あたりが。「白鳥の湖」も、普通は大丈夫。ただ、「くるみ割り人形」は、たまに奇をてらった解釈があるからクセもので注意要ですが。

幕間に、ゆっぴーを誘ってオークストラボックスをのぞきにいきました。他のお客さんもいっぱいのぞいてました。これは、ゆっぴーに大受け。指揮者のスコアを写真にとっています。

small 20160403_154051
スポンサーサイト

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。