プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァイオリンはじっと立つ

今日は、ヴァイオリンのお稽古の日。私自身がヴァイオリンについてまったく知らないのですが、やっぱり思ったとおり、ヴァイオリンって、ピアノとは別の忍耐がいるんですね。

もともと、親にその気がなかったのに、ゆっぴーが自分からせがんだので習わせ始めたことでも、お稽古事が増えたってのは、それだけのんびりする時間が減るってこと。自分でも、「習い事が多いなあ」とは思っている様子。でも、減らしたくはない...。

で、自分からせがんで「念願かなって」始めたヴァイオリンなのですが、うーん....微妙な段階です。ものの仕組みへの興味が人より(特に女の子としては)強いゆっぴー。音感もなかなかいいので、ヴァイオリンという楽器自体には、惹かれていると思われます。どうすればどういう音がでるとかね。でも、ヴァイオリンのお稽古に、まだまだピアノほどの面白さは感じられずにいるようで。4月に初めて、まだ「きらきら星」を違うリズムで弾く練習なので、まあ、しょうがないかな。でも、聞くところによると、ヴァイオリンのお稽古って、そんなもので、練習法によっては、最初の2年は曲を弾かせてもらえないってのもありとか。その段階をのりこえられる子だけが、ヴァイオリンを弾けるようになるのかあ... いやあ、ヴァイオリンをやっている人って、みんな優等生なんだなあ...などと。

なかなかヴァイオリンの練習量を増やせないでいるのは、「ずっと立っているのがつらい」からだそうです。すぐに「足が痛い」になっちゃうんです。バレエや踊りでは1時間ずっと立ちっぱなしもありなのに。動き回らないで、じーっと立っているのは、10分でも大変なのだとか。「ヴァイオリンは、立って弾くものなんだよ。」「ヴァイオリンを弾くときは、木になってね」と言われ続けるのですが、すぐに先生の前で床にへたりこもうとしてしまう。

ゆっぴーには、多動症の傾向は見られない、と言っていいと思います。フランス系の幼稚園では、授業中、じーっと座っている優等生だったし、ピアノは、興がのれば1時間ひとりで遊んでいることがある。
なんでも、「ピアノはずっと座っていられるからいい」だそうです。なのに、ヴァイオリンをもって立っているのはなかなか。うーん。5歳児。時が解決してくれるのを待つしかないのか。
スポンサーサイト

テーマ : 習い事
ジャンル : 育児

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。