FC2ブログ

プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

過冷却

百均で売っていた実験キット、その名も「いきなり氷る魔法の水」を調合。




中身はシンプル。酢酸ナトリウムの粉と、簡単な説明。

酢酸ナトリウムを熱湯で溶かして、ゆっくり冷却させたら、あらかじめ別に取り置いて過酸化水素水の粉を少しだけ入れると、「ばっ」っと一機に「氷る」というもの。

説明の通りの量の水だと、酢酸ナトリウムの溶解度よりも濃いのだそう。熱で、過飽和状態にしてある..(でいいのかな?)
また、酢酸ナトリウムの融点は、室温よりずっと高いため、ゆっくり溶液のまま冷やせれば、過冷却状態にできるのだとか。で、過冷却状態に、粉状の酢酸ナトリウムを入れると、その刺激で、粉をコアにして、一機に結晶ができるということのようです。

説明書には、冷蔵庫で冷やすように書いてあったのですが、これはうまくいかず、冷やしている途中で結晶化してしまいました。冷え方が急すぎるのか、それとも、冷蔵庫を開け閉めの振動が刺激となってしまって、過飽和状態にならなかったのか..。
一旦、電子レンジで温め直して再度溶液状態にし、そのまま一晩放置してみることに。

small 20190808_030230

朝起きてきたときに、ちょっとだけ粉を入れてやると、おお、結晶化し始めましたよ。
なかなかキレイ。

small 20190808_161406

small 20190808_161413

ゆっぴーが割り箸でつつくと、シャリシャリしているそうです。

このとき、ちゃんと、溶解熱も出て、触ると暖かいです。

温め直して何度も使えるカイロは、この原理なのだとか。私も、この手のカイロをもらったことがあります。




今回は、ガラスのコップを使ってますが、ジャムの空き瓶にでもいれて蓋をして保存しておけば、何度も遊べますね。
もちろん食べてはだめですが、食品添加物にも使われている素材だから、手に付いたり、蒸気を吸っても、一応物騒ではないのも気が楽です。(ただ、酢酸化合物ですから、温めるとお酢の匂いがちょいとキツイです。)

で、この「過冷却 →小さな刺激 → 一機に結晶化」 現象、ただの水だけでも上手にやればできるらしいです。
日本ガイシさんという会社のホームページに、興味深いシリーズがありました。

注いだ水が一瞬で氷に!?

これ、うまくいったら、かなりうれしいかも。ただの水を家庭用冷凍庫で過冷却状態にできるんだろうか...。百均セ○アこの時期にタダでもらえる自由研究ノートアイデア並みに難しそうです。が、やってみるか..。

ーー
今日のひとこと:
過冷却というと、いかにも”サイエンス”っぽいですが、super coolingでいいみたいです。
スポンサーサイト



テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

No title

過酸化水素水!この語句を見たのは昭和以来かもしれません。
この頃、夏休みになるとこういう課題向けのキットがいろいろでますよねー、昔もあったのかもしれないけれど、昔の科学と学習の付録よりもリーズナブルに手に入る気がします。大人も買うからかな。
過冷却って液体窒素でするもんだと思ってましたが、冷蔵庫でできたらすごいなあ…

猫並さん

そうなんですよね。昔と違って、自由研究は外注、とまではいかなくても、市販のキットが色々でているし、どこかの”夏休み○○教室”に半日行って、何か書き込んできたもので済ませたり。ただ、賞を取る子は、さすがに自力(か親か)でいろいろ工夫して”研究”してくるみたいですけどね。
でも、学研の科学と学習は、ずっと続いていて欲しかったです。