プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対音感

あるかもしれないんです。ゆっぴーに絶対音感。
あっていいことなのかどうかは、よくわかりません。でも、あるんだったら、それをプラスに考えればいいんですよね。

ピアノで、たまに「音当てクイズ!」というのをします。私との練習に、なかなかエンジンがかからないときに、クイズで遊んで気分をのせるためです。私がピアノのキーを適当にたたいて(といっても、よく使う音域内ですが)、どの音が当てさせる、という所謂「聴音」ですね。五線紙に音符(○だけ)を書かせることもありますが、大抵は言うだけ。(ちなみに和音もやりますが、今のところ、「ドミソ」「シレソ」「ドファラ」などの定番程度です。)

で、これがよく当たるんです。最初のキーから一発で。先日は、日本滞在中にレッスンをお願いしているピアノ先生に聴音をやっていただきましたが、トトロのテーマを2フレーズぐらい、一発で書き取りました。

まあ、これぐらいなら、相対音感があっても、ピアノの音質を覚えていれば、ある程度音を当てられるものなのかもしれません。(私だって、ピアノなら、なんとなくわかります) 
でも、ヴァイオリンレッスンで、先生の真似をして弾くのも、結構できているのです。
まあ、これも、今は別に難しいことをやっているわけでなし、2,3音を続けてまねるぐらい、普通...なのかな。

しかし、先日から、お三味線(はい。ゆっぴーは、お三味線も持っています ^_^;)の先生も、「この子、絶対音感あるんじゃないですか?! ありますよねえ。」とおっしゃられてます。プロの音曲の先生がそうおっしゃってられるのなら、やっぱりそうなのかも。

ゆっぴー祖母に「絶対音感があるかもしれない」と言ったら、「そりゃあ、生まれたときからガンガン聞かされているんだもん」と言われてしまいました。確かに、出産後、病院からかえるや否や、ショパンやブラームスのCDと「連獅子」や「藤娘」を交互に聞かせていたっけ。(苦笑)
2歳前後の頃は、クラシック音楽がなると、なぜか指を指揮者のようにふり始めて、こちらをニンマリみてましたっけ。どうやら、私の手が無意識に動いているのを真似したらしいのです。

ま、絶対音感がほんとにあるとすると、問題は、これからそれをどうするか、ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 習い事
ジャンル : 育児

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。