プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転校 新一年生スタート

ゆっぴー、9月ももうすぐ終わりですね。今週から、ゆっぴもやっと、晴れて小学生になりました。
去年まで幼稚部でお世話になった学校ではなく、隣の町の学校に越境転入学です。

前の学校に居続けさせたくなかった理由は、いくつかあります。まずは、校内での言語に対する学校の姿勢。ゆっぴーは、フランスの教育システムにいて、学校での教育言語は当然フランス語です。でも、フランス語が母国語の子はごく少数派。それはいいとして、教育言語がフランス語なら、学校として、フランス語力の強化を重点項目として掲げるべきと思うのに、ゆっぴーの同級生には、まだフランス語でほとんど会話できない子がいます。ゆっぴー(2年保育)よりも1,2年早く幼稚園に入っているのにです。校長先生(フランス人)が、秘書と白昼堂々と現地語で話しているし、担任も現地語が堪能。助手にいたっては、フランス語があまり話せずほとんど現地語で子供と接するのですから、まあ、子供にフランス語の発達の遅れがみられるのは当然かもしれません。これには、私達としては、「なんだかなあ...」でした。そりゃあ、現地語を話せることは、ここでクラス以上、大事なのはわかります。でも、例えば、日本にあるインターナショナルスクールが、「現地語である日本語には敬意を払わなくてはならない」といって、職員が校内で日本語でばかり話していたら、保護者は納得しないのでは。

でも、それ以上に、直接に「もう、ここには置きたくないなあ」と思ったのは、去年、幼稚部年長組のときに、やたらとテレビアニメを教室でみさされていたこと。幼稚部といっても、フランスのシステムでは”授業”があります。で、授業の合間の休み時間にテレビをみることが多かったのです。「今日は、天候のせいで校庭が使えなかったから」と。なんで外遊びができないと、テレビをみることになるのか...。延長保育時間でも昼休みでもなく、正規の保育時間で、ディズニーアニメをみせているのは、どうしても受け入れられませんでした。しかも、ゆっぴー、喜んでみているわけでもなかったのです。うちは、テレビに子守をさせない方針だったので、ゆっぴー、アニメを見慣れていませんでした。暴力的な内容に免疫ができていず、テレビの時間、「気分が悪くて、ずっと下をむいていた」と、向いにいったとき半べそをかいていたときもありました。これはおかしいと、父親が校長に話をしにいったのですが、まったく埒があかず、「何が悪いのか」という反応。

学校をかえたかった一番の理由は、この校長先生の反応でした。こちらの問題提起に対し、こちらの話をよく聞かない。つまり、問題として取り合わない。これでは、例えば、遠足や校外学習も含めた子供の安全問題でも、学校を信用できない。

まあ、そんなこんなで、いろいろありまして、結果は、今の学校に転校となったわけです。

で、転校してみると、学年は違うけど複合クラスで中のよかった女の子が、越境していました。不満だった点は、うちとは違う事項なのですが、やはりお父さんが学校ともめたらしいです。また、他にももう一人、前の学校の子が.. 

新しい学校も、幼稚部と小学部が一貫なので、途中から入るのは大変ですが、新しいクラスメート達は、「天優勢」の面倒をみてくれる優しい子達のよう。すっかり落ち着くまでにはしばらくかかるかもしれないけれど、転校を決行した今、親としては見守るしかありません。
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

コメント

Secret

No title

無事、入学おめでとうございます。
前の学校はいろいろ問題があったのですね。

雪月花うさぎさんたちの場合は
あえて現地語ではなく、フランス語の学校がよくて入れてるんですよね?
その場合、やはり学校の言葉に対する方針は微妙ですね。
私たちの場合は、別の意味で学校の言語に対する方針が微妙なのですが、これは今度私のブログの記事にでもしたいと思っています。

ゆっぴーちゃんが早く新しい学校に馴染んでくれますように!

チョロさん

ありがとうございます。おかげ様で、楽しく毎日通っています。朝も、学校についたら親の手をふりほどいて走っていきます。

> あえて現地語ではなく、フランス語の学校がよくて入れてるんですよね?
> その場合、やはり学校の言葉に対する方針は微妙ですね。

この国では、昔からフランス系の学校が主流で、現地語の教育システムができたのは、近年のことなのです。だから、地元の人は、未だに(特にエリート層は)フランス系の学校に子供をいかせる人の方が多いです。まあ、言語的には変な環境です。

> 私たちの場合は、別の意味で学校の言語に対する方針が微妙なのですが、これは今度私のブログの記事にでもしたいと思っています。

それは、是非、お邪魔しますね。^_^

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。