プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足し算引き算遊び

時々使っている小学1年生用の算数のテキストとワークブックです。半分以上終わって、簡単な繰り下がり引き算のところをやっています。親と一緒にやるのにいい”教科書”だという触れ込みだそうです。






【送料無料】考える力がどんどん身につくまなぼう!さんすう低学年用上改訂版

【送料無料】まなぼう!さんすう 低学年用上 準拠版ワーク改訂版


【送料無料】考える力がどんどん身につくまなぼう!さんすう低学年用上改訂版


【送料無料】まなぼう!さんすう 低学年用上 準拠版ワーク改訂版

ワークは、文章題がわりと多いです。日本ではまだ年長組のゆっぴー、足し算の文章題は問題ないのですが、ひき算になると、ちょっと考え方に説明がいりました。

例えば、「桜餅が11個ありました。3個食べました。何個残っていますか」という問題ならシンプルです。が、「桜餅が3個ありました。もう何個か買ってきて11個になりました。あとから買ってきたのは何個でしょうか。」や、「桜餅が3個あります。柏餅は11個あります。どちらが何個多いですか。」などになると、考え方を説明しないと「わけわからないー」となってしまいました。

絵をかいたり、ものを使ったりして説明し、「ああ、そうか」と言わせること、数回。ワークの文章問題を読んで式を立てるのは、国語の読解の練習にもなるのですが、無理をせず口頭でやることから始めました。

適当に問題を作って、口頭でのゲーム形式でやってみる。まずは、10以下の簡単な数から。「雀が6羽とまっていました。何羽か飛んで来て10羽になりました。後から飛んできたのは何羽?」とか、「○○ちゃんが、コロッケを6個作りました。△△ちゃんは4個作りました。どちらが何個多くつくりましたか。(○○ちゃんと△△ちゃんはお気に入りのぬいぐるみの名前)」などと、通学の車の中でやることもやります。なぞなぞの代わりですね。また、「今度はゆっぴーが問題を作ってね。」と言って交代させることも。自分で問題を考えるというのも、ちょっとしたお話作り要素も入って、日本語教育にも役にたつ(?)。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ワークブックもいいですが
実際にものを使って数を確認すると
理解力も違ってきますよね!
我が家もよく食べ物をつかって
足し算、引き算の基礎になるようなことをしていますよ。

チョロさん

レス遅れてすみません(汗)。
まずはモンテッソリー風に手を使って理解。計算に慣れるのはそれから、と。
また、文章題は、国語(日本語)教育もついでにできちゃんうので(笑)。

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。