プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽院でのヴァイオリンレッスン

今日は、音楽院に行く日でした。

公共の音楽院で、ゆっぴーは10月から通い始めています。1時間を半分に分けて、30分はリトミック的な授業。もう30分が楽器のレッスン。で、ゆっぴーは今秋から通い始めた生徒だから、最初の数週間、楽器はいろいろ”体験レッスン”を受けてから、”私はヴァイオリンをやります。”と決めさせてもらいました。

で、12月の後半、やっとヴァイオリンのレッスンらしいレッスンが始まったと思ったら、冬休み。年明けた。「やっとヴァイオリンをみてもらえるね。」と本人も喜んでいわいるのですが、4人でのグループレッスンで30分だから、進み方がかなりのんびりなようです。ゆっぴー以外は、去年からこの先生についていつのに、まだ鈴木メソッド1の「きらきら星」の最初のリズムをやっているそうです。どうも、日本の早期教育と比べてしまい、なんというか... 「いや、この時期、大事なのはピアノの方。ヴァイオリンはのんびりでもいいではないか。」とは思うのですが、あまり曲の進み方が遅いと、ゆっぴー、飽きるタイプなので、テンションが下がらないかが心配です。

いや、もっと問題なのは、先生が英語もフランス語も話せないこと。ゆっぴーは、最近、現地語(ヨーロッパの少数言語)でも、なんとかコミュニケーションがとれるようになってきましたし、以前のような拒否反応もない。でも、私が先生とコミュニケーションできないんですよ。

今日のこと。レッスンの後でゆっぴーが出てきて「先生が、ママのお話したいって言っているよ。」ですと。「えっ........いいけど、どうやって...」

部屋に入っていくと、他のお母さんがもう一人いて、「私がフランス語に通訳しますので、どうぞ」ですと。(いやあ、すみませんねえ..申し訳ないです..汗) 

で、その先生のご用件のお話が何だったかについては、明日また書くとして、なんだか、ちょっと、もやもや,
どよーんです。英語もフランス語も話せない先生に娘をお任せしているのって、なんだかなぁと。いえ、悪いのはこちらなのですけれどね。私が、スペイン語ぐらい話せればいいわけなのですけれど..。
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。