プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行?!

Chaier de Textesなる連絡帳兼宿題メモに、短い連絡メモが入っていました。来週、懇談会がある由。なんでも、年度末学芸会についてと、1泊旅行についてだそうです。

詳細についてはいっさい書かれてないので、「懇談会に来ればわかる」ってことなのでしょうが、ゆっぴーによると、フランスへの観劇旅行があるそうです。午後にフランスについて観劇して、あくる日帰ってくるのだとか。「へー、宿泊旅行って、こんな低学年でもあるんだ...」とちょっと驚きです。

そりゃあ、日本でお世話になった幼稚園では、「お泊り保育」がありましたよ。山奥までバスで行って、自然の中で遊んで、キャンプファイヤーをして、翌朝帰ってくる。それだけのことでも、初めての外泊。親なし。子供にとっても、残された親にとっても大大大冒険でした。でも、そこは、幼稚園側が、綿密な準備をして下さり、持ち物に関しても、何をもってくるか、どう詰めるか、詳しくわかりやすく説明をしてくださり、当日だって、教諭総出で受け入れ先施設のスタッフの方ともどもしっかり管理監視して下さっているという信頼の元実行されました。

しかし、こちらの学校は、たかがスキー授業をみていても、かなりルース。正直言って、いつか生徒置き去り事件や事故等がおきるのではないかという懸念がないかというと、ウソになります。

で、案の定、ゆっぴーによると、「○○のパパがついていってくれるらしいけど、あと3人か4人、大人についてきて欲しいんだって」とのこと。そうか、やっぱり、保護者に手伝って欲しいのか。

何やら、学校の旅行に親の協力を求めるって、日本の感覚では違和感が否めません。親がついていくとすれば、幼稚園などの旅行で(よっぽどの事情のある子を除いて)全員の引率ってのはあり。でも、小学校以上で、しかも、協力を頼めるほんの一部の親だけが行くって、なんかちょっと...変な気も。担任だけで手におえない年齢なら、宿泊旅行自体がないですよね。

スキー授業のとき、朝、いつも泣きべそをかいている子が、ゆっぴーのクラスにいます。何人かの保護者はスキーの引率をかってでているのに、自分のママは仕事があるからこられない。シクシク..ってわけです。そりゃあ、まあ、6,7歳なら、泣くまでいかなくても、「ママやパパがいる子がいるのに、自分の親は来られない」って、ちょっと寂しいでしょう。日本の学校でも、授業参観に親がきてくれないと、ちょっと寂しかったりしますものね。それが、お泊りとなるといったりどうなるんでしょう... クラスの中で親が来てくれている子とそうでない子がいるって、いったい...。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。