プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釈然としない。休講よりはいいんだろうか..

おとといの音楽院は、「レッスンはなし」。いつものスタッフとは違う人がきて、教室で鬼ごっこをして終りだったそうです。

先週、確かに、ヴァイオリンの先生が「来週はいつもと違うことをして、楽器のレッスンはないので、ヴァイオリンは家に置いておいてきてね」とおっしゃってました。ゆっぴー達の学年は、グループでの楽器レッスンが30分。あとの30分は”音楽感性”のレッスンで、日本のリトミック教育のようなことや、いろいろな楽器での聴音などをしているそうです。「ふーん、じゃあ、この音楽感性のクラスだけで1時間もたせるのかなあ」と思い、一応聞いてみようとしたのですが、どうもスペイン語がわからず。とにかく、一昨日は楽器をもたずに行きました。

いつもの時間にドロップインして、いつもの時間に迎えにいきました。が、結局”レッスン”のようなものはなかく、教室で大騒ぎしながらみんなで遊んでいたそうです。

昨日、バレエレッスンのときに、音楽でもバレエでも一緒のママ友さんにきいてみたら、彼女も不思議そうな顔をしていました。「うちの子が、”先生がだーれもいなかった”と言っていたわ。迎えにいったときに教室をのぞいたら、子供の声でものすごくうるさかったわ。いったい、なんだったのかしら。」とのこと。

そういえば、階下では、近いうちにあるコンクールのオーディションをやっていたような。それで、年齢的に出場資格がないゆっぴー達のクラスはほっておかれた?

コンクールのポスター
写真 音楽院1

しかし、それならそれで、他にやりようがなかったのかしら。つまりは、休講にせずに、いつものレッスン時間を、ベビーシッターサービスに代えたってことですよね。クリスマス前とか、年度末最終日とかの特別な日じゃなくて。ただ遊ぶにしても、一応、音楽院ですよ。音楽で遊べなかったのかしら。音楽鑑賞やリトミック遊びなどをさせられる人がいなくても、せめて音楽を鳴らして椅子取りゲームをするとか。わざわざ学校が終わってまっすぐ、遠くから車でやってきているのに、ただ遊ぶだけ? いや、遊ぶのが悪いといいません。子供なんだから、遊ぶのは大いに結構。でも、やっぱり、ちょっと割り切れないものが....ま、いいか。



スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。