プロフィール

雪月花うさぎ

Author:雪月花うさぎ
おいでいただいてありがとうございます。
家族は、英国人の夫と、一人娘のゆっぴー(2007年生まれ)。
大学院留学から長年イギリスに住んでいましたが、数年前、一家で大陸ヨーロッパの片隅に移住。ゆっぴーには、ヨーロッパと日本の両方の文化を受け継いで欲しいです。
子供といろいろ経験するのを楽しんでいくことにしています。

最新記事
ブログ村
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエを観劇

グラナダから無事に帰ってきています。旅の育児日記はおいおいつづっていきます。帰還早々、昨夜はバレエ観劇に連れて行きました。ヨーロッパの名門バレエ学校の生徒達の海外公演です。公演といっても、まだプロじゃないから、発表会を海外遠征でといったところでしょうか。

会場のロビーに着くと、長身で、垢抜けて美しい人が目に付いたのですが、ゆっぴーのバレエの先生でした。いつものレッスン着ではないので、見違えてしまいました。先生によると、今日踊るのは15歳から17歳くらいまでの子達で、若いけれどすばらしいとか。ゆっぴーも、先生に「これをみたら、もっともっと踊りたくなるわよ。」と言われていました。プログラムをみたら、日本人の名前がいくつもありました。バレエ人口が圧倒的に多い日本は、海外のバレエ学校にも若いダンサーを送りだしているのですね。

また、バレエでの”親友”のJちゃんも会場にいて、向こうから気がついてハグしてにきてくれました。そういえば、いつになく子供の姿が多いです。

前半は、クラシックの曲を使ったモダンバレエ。面白い演出なのですが、モダンは衣装が地味なので、子供受けはよくなかったようです。新体操のような格好で、「バレエよー」といわれても、小さなバレエ少女達にはぴんとこないようで。

後半は、ちゃんとクラシックなチュチュをきて、ドン・キホーテから数曲。
まだ、プロの名門バレエ団のような臈たけた美しさはないけれど、青葉のように若々しく瑞々しいダンサー達でした。

その中で、当夜のスター格のペアがパ・ドゥ・ドゥーを踊っていたのですが、なぜか、最初から、女の子の方が足元がちょっとおぼつかない様子が気になっていました。体調でも悪いのかなぁ、などと思っていたのですが、男の子の方も、支えるときに、気を使っているようなかんじだったのです。すると、アラベスクのときに、女の子が、すってーんと、床に転んでしまいました。会場から、悲鳴に近い声が上りましたが、なんとか起き上がって、最後まで踊りきりました。男の子のほうもすばらしい跳躍をみせていましたし、会場からは二人に大拍手が起こりました。

その後は、そのペアの二人とも、バリエーションをいくつか順番に踊りましたが、転んじゃった女の子も、見事に立ち直って立派に踊っていました。観客からは、ピルエットの度に口笛と大拍手が起こっていました。カーテンコールのときも。これで、そんなにへこまずに帰られるといいですね。

ゆっぴーは、「きっと、床にどこか滑りやすいところがあったんだろうね。」などと言っていました。オリンピックの女子フィギュアーでもそうでしたが、「一回失敗しても、その後、投げ出さないで頑張って踊ったら、お客さんは感動するんだよー」と、ゆっぴーに言いました。若い子達が一生懸命踊っている姿に、観客が暖かかった夜でした。
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

コメント

Secret

decoboko.jp

検索フォーム
ゆっぴーについて
言語
第1言語 日本語   
第2言語 英語   
第3言語 フランス語
 インター転校以前の教育言語。
 今は主に音楽のレッスンで。
第4言語 スペイン語系
 残念ながら、急速に消えつつあります。
花うさ屋
自作絵本を紹介しています

歌舞伎ぬりえ無料ダウンロード。
道成寺花子など6人の女方

歌舞伎衣装のきせかえ
 道成寺や藤娘で遊んでください。無料版の鷺娘もあります。



DLmarketで購入
ダウンロード版アップしました。歌舞伎キャラ達が暮らす人情パロディー第一弾。
その他、DLMarketさんに電子絵本として置かせていただいています。
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。